img

img

   セサル・ロペス

アルト&ソプラノ・サックス、フルート、ヴォーカル

1968年キューバ、ハバナ生まれ。8歳から歌を、10歳からサックスを始める。キューバ国立音楽学院在学中の1985年16歳の時にプロ・ミュージシャンとしてキャリアをスタートし、19歳の時、サックス奏者としての並外れた才能が巨匠チューチョ・バルデスに認められ、キューバ最強インストゥルメンタル・バンド「イラケレ」に加入する。 1997年イラケレを脱退し,同グループにいた数人のメンバーと「ハバナ・アンサンブル」を結成。現在までに5枚のアルバムをリリースし、ドイツ、イギリス、フランス、スペイン、アメリカ、ブラジル、日本などをツアーで回る。2004年、東京JAZZにハバナ・アンサンブルとして初の日本公演を実現。2005及び2009、2010年には横濱ジャズプロムナードに参加した。 キューバのグラミー賞と言われる音楽の祭典「クバディスコ」で、2006年ベストジャズアルバム賞をCD『Andante/アンダンテ』で受賞。また、2008年には『キューバ、珠玉のフィーリン名曲集』(発売元:アオラ・コーポレーション)で大賞(グラン・プレミオ)を獲得。その他2部門でも賞を受賞した。 今までに、スティング、ハービー・ハンコック、チック・コレア、ウィントン・マルサリス、ミシェル・カミーロ、ティト・プエンテ、アルトゥーロ・サンドバル、ダビッド・マレイ、イバン・リンス、シルビオ・ロドリゲス、ロイ・ハーグローヴ、パブロ・ミラネス、エル・シガーラなど、さまざまな世界的ミュージシャンと共演。また、ニューポート・ジャズ、プレイ・ボーイ、ノース・シー・ジャズ、東京JAZZ など数多くのジャズ・フェスティバルやロニー・スコット、SOB'Sなどの有名クラブで演奏経験がある。

BIO (PDF)